私の琴線にふれたものたち


by Tani-Boo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

大波にのれ!

非常に眠たかったり、、
ちょっと筋肉痛だったり、
肩の辺が日焼けで痛いな〜
全体的にだるいな〜っていうのは、昨日参加したイベント
NAGOYA Big Wave LIVEの影響なのだ。。

いや〜、本当に昨日は長くて濃ゆい一日を過ごした。

でも、やはり夏は野外ライブなのである。。
(体力はいるけどね、、)
前日にひょうたんから駒状態
(…つうか、ファンならちゃんとHPチェックしてろよ!なんだけど…ね)で、
大好きな根本要さんがイベントに参加する事を知った。
しかも、無料!
これは、ダメ元で行かねばなるまいぞ!である。。

このライブに日頃Blogでお世話になっているkasamiさん
私のシナコンに付き合ってくれるS嬢が
東方神起さん目当てで参戦するという事で
要さんにも逢えるし、二人にも会える、おいしい機会だぞ〜ウッキ〜!と私も参戦する事にした。

でも、私には整理券をゲットするのに徹夜する根性はない。。
どうせ、久屋広場でやるイベントだったらどこからでも見えるだろうし、、
要さんは、、顔を見に行くんじゃなくて、、歌を聴きに行くんだから、、
会場の囲いの中に入れなくても、外で聴いていればよいよ!と
整理券配布の1時間前ぐらいに券をもとめる列に並んだ。。

その時にすでに1200名ぐらい並んでるので…と係の人が言っていた
(いちよう1000人限定のようです、はい。)
「う〜ん、どうしよう?」すでにあきらめた人たちがフリースペースの場所取りに宗旨替えをしてると近くで列を形成している人たちが喋ってる。。

「う〜ん、どうしよう?」
私はこれから開場の17:00まで場所取りをする根性なんてさらさらない!

おまけに、今日は関西から別件で名古屋遠征をかけている、
おなじくblogでお世話になっているcyu-rinさん
お会いする機会をいただいているのだ。きゃっほ〜!

何となく態度を決めかねているまま列にそのまま並んでいた。
周りはどう見ても、、東方の赤い軍団なのだ。。
このままだと、、我らが要さんを応援する人がいなくなっちゃわないかい?

探りをいれるために、隣の人に
「どなたのファンなんですか?」とお訪ねしたら
「根本要さん!」
うっき〜、、、、、フラッパーさん(スタレビのファンの人の名称)一人発見!

もう、それからは話が盛り上がり、話ついでに列に並んどけ〜ってな感じで
配布時間の11:00まであっという間
やはり人数にはもれたけれど、キャンセル券をもらえた。。。
開場の45分前に集合して、席に空きがあれば入れてくれるらしい。。


う〜ん、今書いてて思ったんだけど、、
このまま行くと、、どこまでいてもこの記事おわらないぞ!、、
ここは、、おもいきり、、
    中略!




なんや、かんやいろいろ楽しい事てんこもりの日中を過ごし
ライブ会場に戻ってきゃぴきゃぴ待ってた所
神は私に味方した
ちゃんと開場の囲いの中に入れました。。

我らが要さんはオープニングを飾ります。
これは、きっと要さんで開場のお客さんのハートを掴む主催者側の作戦に違いありません。
要さんの歌はめちゃうまいし、MCは最高!なんだから(えっへん)

きっと、、黄色い声はかからないだろうから、、
       だって、、ほとんどがトンペンさんみたいなんだもん、、
これは、私達が頑張らねば!と
声を張り上げましたわさ〜。。
  でも、やはり我らが根本要でございます。。
トンペンさんからも暖かい拍手と笑い(?)そして、
「このおじさん歌うま〜い」のお言葉をいただきました。。

フフフフフッ、、実力よ〜!

本日の曲目は(2曲目と3曲目の曲順がすでにあやふや)
 夢伝説
 木連の涙
 今夜だけきっと
 ブラック・ペッパーのたっぷりきいた私の作ったオニオンスライス

雑多な観客にあわせてメジャーな曲を歌ったのかな〜と
しかし、やはり御大は魅せてくれました
私にはアヤシいフェロモンをビシバシ感じましたよ。

9月の名古屋公演、、阿旭のイベントの前日だったから今回は参加をやめたんだけど、、
やっぱり、、行きた〜い。。
こうなったら、、どこかへ遠征をかけようかな〜と
密かに心に誓ったのでした。。

で、そうそうライブの話はまだまだ続く。

要さんが終わったら、とりあえずみんなが夢中になる3組目のアーティスト東方さんたちを
見て、そして帰ろうかな〜と思っていたんです。

結構、冷静に
東方さんたちの実力みてあげましょな〜んて思ってたら、、
いや〜、、やばいやばい!彼ら歌うまいっすね。。
こりゃみんなが堕ちるのもうなづける。。

でも、、私には、、ほら、、シナさんがいるから、、だめよ、だめ。。
ときめいちゃだめだめ!
心に言い聞かせ、、、、

  はははっ、、
でも気づいたら、、胸の前で、手を組み合わせ、、
   聴いていましたよ、、彼らの曲。。。

全く、危ないヤロ〜どもだ。。

これで帰るつもりだったんだけど、、なんか、、結構な人が会場から消えてしまって、、
なんか、これじゃぁ、、あんまりだよ〜と
思ったりなんかして
空いた前の席に進出して、、
結局最後まで、、腕を振り上げていました。。
さすがに、、ジャンプは出来ませんでしたが、、、ね。

いや〜本当に楽しかった。。

昨日いろいろおつきあいしてくださいました皆様本当にありがとうございました。
めちゃくちゃ、楽しかったです。。
[PR]
by Tani-Boo | 2006-08-14 23:00 | 発熱注意報