私の琴線にふれたものたち


by Tani-Boo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

突発性本が読みたい病発症中

やはり秋なのか?
近頃なりを潜めていた読書熱ぶり返しております。

ふとした拍子に稲垣足穂が頭に浮かび、、、

そこから、無性に稲見一良が読み直したくなり、、、
   (単なる名前からの連想だろうな〜)

 どうした事か、、クラフト・エヴィング商会の本を買い漁り
    (もう、この世界が大好きで、、大ファンで、何度も図書館で借りて読んでたはずなのに…)

なんとな〜く、藤本ひとみ氏の「鑑定医シャルル」シリーズが再読したいわ〜とか
高村薫の「李欧」と「我が手に拳銃を」はどこやったんだっけ?一緒に読み返したいな とか

頭の中が、再読モード
そう言えば森先生の「カクレカラクリ」も、姉から借りっ放しの宮部本も
積ん読状態なのに、
むか〜し、むか〜しに読んだ本ばかり
(しかも、、多分6.7年前に読んだ本ばかり)
連想ゲームみたいに
次から次への思い浮かび、
押し入れ蔵書を引っ張りだしたり、古本屋へ走ったり
オークションで落札したりを繰り返す。

そう言えば、漫画本も新しいものより、
以前見た事あるものを再読する方が、多くなって来ている気がするな〜

新しい作家さんに手を付けなくなっているのは事実だな〜
人間が臆病になって来てるんだろうか?
保守的になった?(いや、前から、結構保守的なタイプだな、私)

とりあえず、今は映像より活字かな

さすがにグイン・サーガを最初から読み返すチャレンジ精神はないけど、、ね(笑)
ケイロニア編ぐらいからなら読み返してみようかな〜。。。
[PR]
by Tani-Boo | 2006-09-12 22:55 | 独り言