私の琴線にふれたものたち


by Tani-Boo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

こんな悪魔だったらね~『悪魔在身辺』 

数年前に頚を痛めて、Dr,ストップがかかって休職して療養している時
痛みのために眠れない日々が続き
「この痛みがなくなるんだったら、悪魔と取引してもいい」とさえ
思ったこともあった日々をふと思い出した今日この頃。

ずっーと、観なくちゃと思いつつも
なかなか手を付けなかった『悪魔在身辺』(台湾サイトはこちら)を
ようやく見終えました。

a0005279_14244454.jpg


当時の私の中の悪魔のイメージは
敬愛する栗本薫氏の作品『グイン・サーガ』の
ヤンダル・ゾックその人だったんだけど…

このドラマの指す悪魔はマイク・ハー君
悪魔がマイク・ハー君なら
どんな無理難題でも喜んで言う事きいたのにな~。。(笑)

マイク君のどこが好きって、あなたそれは
笑った時に“へ”の字になる目と唇です。はい。

思い起こせば、私が初めてすーさん達以外で台湾ドラマをみたのが
彼とアリエルちゃんの『愛情合約』でした。
この時もあのラストは何?と思ったけど、
今も、、台湾ドラマのラストは…謎である。。(笑)

はいはい、話は『悪魔在身辺』
原作は漫画『悪魔で候』(高橋みつば)ですね。
いわずと知れたコミック・リズ作品。
主人公達が通う大学の名前は…(笑)

この台湾版ドラマのいいところは
悪魔(emo)とマイク君演じる阿猛(emeng)の発音が似てる所でしょうか?
ちょっとした掛詞的に効果的に使われていてたような…
(おいおい、、それだけかよ?>自分)
あ~だって、このドラマ
例によって繁体字幕で見たんだけど、思いの外、
私の台詞理解度低かったんだも~ん。
(ま、原作本実は持ってるから問題ナッシングなんだけどね)

でもマイク君堪能できたから、いいのよ。。
それに、、我らが義達ちゃんの歌が
   コレデモカッテ言う位堪能出来るしね〜。


で、それとは別に気になったキャストが
阿猛のお友達の于陽平役をやっていた Yuki(增山裕紀) 君




彼は、日本人と台湾人とのハーフらしいが、
何かの拍子にトンのユノ君に似て見えると思ったのは私だけだろうか?
目が似てない?

 とか、、思ったけど、気になって検索かけたら、、
   そんなに似ていなかったよ。
   (あ、でも思いのほか人気者でびっくりした。。)
  

で、もう一人、気になった人物が
合唱団(笑)にも所属している美声の鈴木君役の子!
彼↓、結構私のタイプです。。
(本当にちょっとしか出てこなかったんだけど…)

a0005279_19533718.jpg


て、、やっぱり、
ちっともドラマのご案内にはなっていないレビューでした。。
っていうか、、全然中身に触れてないし…(笑)

ちゃん、ちゃん。。
[PR]
by Tani-Boo | 2007-05-06 20:00 | 発熱注意報