私の琴線にふれたものたち


by Tani-Boo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

月に狂うなら…

月には魔力があって、人を狂気に陥れる
  …って何かの本に書いてあったような。。。

引力のなせる技なのだろうか?

 そう言えば、最近ぱいが「みゃあみゃあ」やたら鳴くのは
 もしかしたら、
 敏感に月の引力の変化を感じているからなのかもしれない?
  (>ないない)

本日は中秋の名月
  と、言っても月齢は13.6
  満月には少し早いけど、、今日が旧暦の8/15日って訳だ

ぱいが「みゃあみゃあ」と「外へ出してくれ〜」と催促するので、
リードをつけて、二人(正確には一人と一匹)で月見としゃれ込んだ

a0005279_21343064.jpg


そこら辺を落ち着きなく嗅ぎ回るぱいを尻目に
大阪で買ってきた棒付きべっこう飴(>何故に?)をなめながら、
月を眺める。

今、まさに満ちて行く途中の月は、
まぶしい光を放射して、人を狂わせるには健全すぎる。

「これでは、私は狂えない」と、ふと考える。
この思考こそすでに"狂い"の証拠かもしれないけれど、
やっぱりこんな健全な光では狂えない。。

人を狂気に誘う魔力は、果たして月のどこに隠されているのだろうか?

 地球の暴走する自転のスピードにブレーキをかけ
 潮の満ち干きを司る
 いつも、同じ方向しか見せないあの月の裏側にこそ
   魔力は存在するのかも…





そう、月は決してその裏側を見せない。。
月がそんな風に頑に隠しているものはなんなんだろう?
一体どんな秘密を隠し持っているのか?

な〜んてことをあれこれ
  酔ってもいないのに考えるのは
久々の月光浴でやっぱり月の魔力にやられたのかもしれないな〜。。
[PR]
by Tani-Boo | 2007-09-25 22:14 | 独り言