私の琴線にふれたものたち


by Tani-Boo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

もう、だめ…や・ら・れ・てます。。。

はい、いわずと知れたDylanにです。
小天君もいい演技してるんですけどね、私の目はDylanに釘付けさ~。。

今朝もハヨカラ、起きだしまして早速アップされている
『命中注定我愛你』の13話の視聴です。

最近は、夜遅くがんばるより、朝早く起きた方が負担が少なく思えるのは
きっと、私が年を取ったからでしょうか?
例えば、同じ睡眠3時間でも(いや、もう少し寝てますけどね)
深夜3時まで起きてるより、3時に起きて活動したほうが負担がないのは、気のせい?

とにかく、私が寝ている間にいち早くYTにアップしてくれる
心優しい方のおかげで(っテ、この人はいったいいつ寝てるんだろう?)
出勤前に13話を見終えました。

う~ん、、、ますます私のDylan熱は上昇中。
多分私は、陳楚河に惚れているのではなく、
劇中のDylanに惚れているのでしょう。

報われないキャラ(すでに、報われないと決定付けてますが、そうですよね。 笑)が
どこまでもきっと好きなのでしょう。。

え~今回からオープニングのタイトルロールが代わりましたね。。
これからを示唆する上海編になっているのですが、
その中の1シーンで、どうもこのシーンだけが私には謎なんですけど

これ↓

a0005279_12221560.jpg


う~ん、上海から台湾へ戻ってからの1シーンに違いないけど
どんな場面になるのやら?(笑) 期待。。。

はいはい、本題は13話です。
今回Dylanの登場多くてうれしくて、朝の早いのもなんのその
何かと邪魔をするパイをさっさと外に追いやり(ええ、リードを付けて、外で遊ばせるんですね)
朝食をぱくつきながら、ひたすら視聴しました。。

いや~本当にこのDylan良いわ~(贔屓目100%全開)
上海でも相変わらず自分からパシリの仕事をしている欣怡に
「君は台湾の時と何一つ代わってない。何一つ変わろうと努力していない。逃げてるだけなら台湾に明日にでも帰れ。」というようなことを言うんです。

優しいだけじゃない、ちゃんと厳しい男なんですね。
こういう男は自分にも厳しいに違いない。。うん、好きだな。

で、いたたまれず職場から飛び出す欣怡
きっとDylanは欣怡にここで「なにくそ~」と思って欲しかったんだと思うんですね。
こういう男は、多分ここで「こんちくしょ~」と自分なら思って、はむかっていくから、
欣怡にもそれを期待したのではないでしょうか?

それなのに欣怡逃げ出してしまいました。
Dylan心の中で「ちくしょ~」と思いながら、(←私の勝手な想像です)
机を一つ叩いて、そして、その一方で「しまった」と、あわてて欣怡を追いかけます。。

う~ん、、、このあわてっぷり、、良いわ~。。(はい、外道な私です。)

そして、探しても見つからずギャラリーに、とぼとぼ帰ってきたDylan
ふと前を見ると、欣怡が…
(多分この時点で隣に中山龍先生がいることは目に入ってないだろうな~)
有無を言わせず思わず抱き寄せる。。(きゃ~ぁああ、代わりたいよ。)
「心配したんだぞ~。。俺が悪かったよ、ごめん。急ぎすぎた」って

こいつ、どこまで私を参らせるかな~。。
こんな風に言われてみたいよ~。。
こんな風に「ごめん」されたら、私だって「ごめん」って謝っちゃうよ~。。
「私がいけなかったの」って(ああ、妄想膨らんできたよ~。。。笑)

それから2年
欣怡はひたすら努力を重ねて新しい自分を作り上げてきました。
そしてその横にはいつもDylan

私が思うにこの2年のうちにDylanは欣怡をモノにしなければいけませんでしたね。
きっと、彼は対等なところで勝負したかったんでしょうが(本当かよ?)
彼のその高邁な精神が、彼の敗因です。(おいおい)

欣怡はDylanの手助けも有り、優しさはそのままの
自立した人もうらやむほどの素敵な女性となりました。

ま、この間に存希も変化して人を思いやれるよう成長しているんですけどね、、
(ワタシ的にはとりあえず、、それよりDylanですから 笑)

で、こんな↓シーンが途中で出てくるんですけど

a0005279_14211873.jpg


う~ん、うらやましいぞ~
私もこんな風に(ってこればっかり)「あーん」って食べさせて欲しいぞ~。。
とか、思いつつも
ここで大いに思ったのが、、、、、

Dylanピンクが似合わないな~

でした。。(笑)

えっと、、、これ、、まだまだ私続けるつもりでしょうか????
長くなりすぎました。。。(って、今頃気付く自分 笑)
 
 ↓
 ↓








***
**

ア、でも断っておきますが、
えっと、会話とかは非常に勝手な私のいいかげんな訳ですから
あんまり信用しないでください。。

欣怡はいつの間にかEileenと呼ばれ、(アイリーンってどうよ?)
子供の陶芸教室の先生になっております。
その講座中にやってきたDylan
こまっしゃくれたお子ちゃまに「先生の彼氏が来た~」なんて言われて、
「このおこちゃまは見る目あるよ~」なんてちょっと得意そう。。。
何度も言うが、、こういうところかわいいな~。。

でも、何気に欣怡に「老朋友」とか言われてます。。
で、教室を出るときにですね、、、
後ろ手に、ほっって言う感じで手を差し出して、エスコートするんです。。
ああ、、こんちきしょ~。。。やっぱり代わりたいよ~。。。
(ちょっと、しつこいぞっと)

で、エスコートしてつれてった先が
ギャラリーで、、、「君に今日は驚きをプレゼントしてあげよう」と
披露したのがElaineの陶芸作品(あの、名前変わりました?ELAINEって…笑)
その名も“記念品”
「私の作品なんて展示していいの?」と弱気な欣怡に
「おっ、久しぶりに自信のない付箋紙の陳欣怡だぞ」なんておどけてみせる。
「君はこの二年本当によく努力してがんばったよ。」って
欣怡の努力を認めてあげたんだよね。。

「君はこの二年で驚くほどの進歩をとげた。。」
「自分の力で何でも手に入れられるようになった。。。そう、一つを除いて…ね。。。」

当然、それは「何?」って尋ねる欣怡に
すかさず
「愛情」だって…

やだよ~このひと、、やることが芝居かかってるよ~
(そこが、可愛い。。ってもうくどいよ~>自分)

「愛情の範囲内で君に良くしていい?」って
私にはわかりにくい表現なんですけど???この表現は普通なんですか?
ストレートに「僕がその愛情を君にあげたい!」じゃダメ?

で、この時にですね、Dylanさん
「うん?どうなの?」と小さくうなづく、その姿が後ろでに手を組んで(欣怡もそうなんですけどね)るんですね。なんとも、、、なんですか?
そう、、ウィウィしい(って、、フランス人じゃないからね~)


で、緊迫する時間が流れた後、
お決まりです、、「ぷっぷっ」と欣怡に吹き出され
「この2年で一番笑える笑い話だわ~」なんてかわされます。
その時の思いもよらぬ返答に(自信満々だったのね)思わずなんともいえない
間抜け顔↓(あら、失礼 笑)がまたまた可愛い。

a0005279_16375151.jpg


「さぁ、行くわよ」とか言われて取り残されちゃった。。。
今まで、女を口説いたのをジョークにされたことなかったのね。。
信じられないぞ~こんニャロメ~って感じで後を追う。。。

(この場面で流れるBGM私好きだな〜。。)

欣怡としては「自分はバツイチだし
子供まで失ってるし、そんな条件の悪い女より
Dylanにはあなたに値するいい娘がいるわよ」って
その言葉にDylanは
「美人なんて探せばいくらでもいる、君は僕がどうして君を選ぶのかってしりたいんだろ」
「僕は君を見ているのが好きなんだ」
と、欣怡のこんな所,あんな所を見ているのが好きなんだ〜と等々と述べます。。
(はい,ハイ、,好きにして下さい。)
で,結局「君が結局陳欣怡だから好きなんだ」と
それに対して、欣怡は
「私はもう陳欣怡じゃない、陳欣怡の事は忘れた」と
そこで、「ELAIN」ってちゃんと呼び止めるDylan、う〜ン,芸が細かいな〜
こういう細かい所に気が行くのが,この男の良いとこだね。。

で、何を思ったか?おもむろにコインを放り投げ
「人物か字,どちらだと思う?」と賭けをします。
欣怡が当てたら、「この俺様が送ってあげよう」(なんて感じかな?)
で、違ってたら「一つ秘密をうちあけてくれ」って
外した欣怡が「じゃ、自分で家に帰るわ」ととぼけると
「違うだろ、小さな秘密をうちあけるんだろ」

「心の中に紀存希はまだいるのか?」と核心をついた質問をします。

「心にいるよ。」と答える欣怡

正面から認められてやっぱりショックだったのかな?
うん、うんとうなづいて,下を向くDylan

その後に続く欣怡の言葉
「だけど彼は私の肥やしと変わったの。。
彼は私の人生の中の一つの話しに過ぎないわ」と
ウ〜ん、欣怡本当に強くなったね。。
存希の存在から逃げてない。。ちゃんと正面から見つめているって気がしました。
大人になったね〜。。よしよし。。

Dylanも安心したね。
「修道女さん 告解してもよい?
「2年前自分は間違いを犯した。君がこんなに傷つくのを知っていれば、存希との仲を取り持ったりしなかった。2年前のおばあちゃんの誕生日に参加したのも君の幸福な姿を見られると思ったからで,あんな事になるなんて思いたらなかった。もし君の過去に
神様が関わっているのなら、僕たちの出会いには意味があるものだとそう心から願う。

えっと,,ちょっと,,ワタクシエネルギー切れざます。。
続きは,,またエネルギー補給してから…

ってか、、なんで私,真剣台詞訳してんだ???
こんなのは,私の意図する所じゃないぞっと。。

とにかく欣怡は何故か、
「明日私の作品が売れたら,一緒に晩餐しましょ。
彼女の身分でご一緒するわよ〜ん」と、突然言い出します。。
驚いたのはDylanです。
「本当にそんな風に想ってるのか?」などと弱気な発言。。
百戦錬磨のDylanさん、今まで,押せ押せ一辺倒だったんだけど、
惚れた弱みなのかしらん?欣怡からの思わぬ提案に
「君が恩に報いようとするなら、お断りだぞ」なんて言って
「自分の魅力を疑ってるの?」とやり込められます。

恋をすると男も女も臆病者なのよ〜ン。。
ここのやり取り良いな〜。。
「恋に対面したら,自分を疑う時もあるさ」
「以前の陳欣怡に成長の秘訣を電話して聴いてみる?」
「ふ〜ん、そんなら電話番号教えてくれよ。彼女の彼氏の位置を予約するから」
だって、お茶目だよね〜。。。
また,その後が可愛い,,可愛すぎる。
そりゃ,寒いだろうよ〜。。私がそばにいれば暖めてあげるのにな〜。。

ってな所で今回のDylanの登場分はおしまい。
この後は,台湾の存希のエピソード
ま、、この際,,どうでもいいか〜(おいおい)

ただ,一言,存希、本当に人を思いやれるようになってきましたよっと。。
(ほんと、これだけかよ。。。)
[PR]
by Tani-Boo | 2008-06-09 21:54 | 発熱注意報