私の琴線にふれたものたち


by Tani-Boo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

復帰への300日

先日エントリーにあげた全身ゴールドの少偉
その写真を見ながら思い浮かべたものが
バレエ「ラ・バヤデール」のブロンズアイドルなのである。
(結構バレエ好きな私です。)

この役、大好きな熊川哲也が17歳でロイヤルで踊っていたやつを
図書館のレーザーディスクで何度見ただろう?
全身ゴールドで皮膚呼吸なんかできなそうなんだけど
そんなことを微塵も感じさせない
バネのある本当に小気味よい踊り(もちろんテクニックも)だったな~。
彼は本当に偉大なキャラクターダンサーだな~と実感させる作品だったのだ。

靭帯を怪我したシーズン
実は名古屋公演のチケを苦労して獲ってて
友人と本当に楽しみにして待っていた。
それがあの怪我…
もしかして私はもう彼の踊りを目の前で見ることはないかもしれないなと、そう思った。。
(いえ、復帰どうこうではなくて、チケットが本当に取れないんですよ~。)

思い出しついでに久々にKバレエカンパニーを覗いて見た。

この夏公演はあの『海賊』かぁ~
(いや~ん、このポスター素敵すぎ)

えっ、何? 
特番「熊川哲也 復帰への300日」(BS-i)で再放送
いや~ん、これ見逃してたやつだ。観なきゃ~。。
ってことで、ここに覚書
7/12 14時 BS-i
[PR]
by Tani-Boo | 2008-06-22 12:24 | 独り言