私の琴線にふれたものたち


by Tani-Boo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ラプソディ in Tokyo Life

(ああ、ラプソディのスペルがでてこない…
 脳細胞が死んでいっている証拠ですね。)

どうも私の中の時間軸に狂いが生じているようで、
身体に感じる時間の流れは非常に遅いのに、
身体の外では時間は通常に流れていて(ってかそれは当然なんですけどね。)
どうもそのゆがみの為、私は宇宙酔い(?)を起こしているようです。

ついこの間だったような気がする(いや、やっぱりついこの間だった)
東京遠征も日常を過ごすうちに、はや1週間前の出来事になりそうな、、、

そういえば、先週の今頃は
東京へ行ったら、日々ビールだろうから、今のうちに身体をアルコールに慣らしておかないと…
と、日頃の勤勉さの現われか(?)アルコールに対する免疫強化にいそしんでいたのでした。

いや~7/28~7/30までの2泊3日の東京遠征
本当にビール飲ませていただきました。。
真昼間から飲むビールはやっぱりサイコーでありました。

あ、、もしかして私は宇宙酔いじゃなくて、
単なる長~い二日酔い状態なのかもしれないな~。。。(笑)

今回の東京遠征のメインイベントは
7/29日の「ジェイ・チョウ Night」
友人の当てたペア招待券、その相棒で参加するという棚ぼた、、いえ、、コバンザメ商法

イベントの閉演時間が遅いし、せっかく東京行くなら、旧友にもあってこようと
最初は1泊2日で予定して東京の友人に知らせたところ
これじゃ~ゆっくり飲む時間がないじゃないかとだめ出しが入り、
結局、前日夜から乗り込む事に
ま、宿泊にはお金がかからないから良いか~ってなことで
いそいそ乗り込みました花の都、東京。。。

ああ、なんかまたこのエントリ長くなりそうなんですけど…
とりあえず、続き読んでみようなんて酔狂な方は…
(あ、イベントのレポはないです。はい。)
  ↓





***
**

月曜日は毎週早出出勤なのでいつもより退勤時間が1時間早いのを幸い、
車で15分の新幹線の最寄り駅に直行し、そこからいざ東京は町田へ
新幹線の中で、ビールと行きたい所だけど、
ここはぐっと我慢の私なのでした。
町田の友人宅に着いたのが午後9時
「とりあえず飲もうぜ~おぅ!」とただただひたすらビールを飲む

  …で、私の記憶も、そこで途絶える(笑)

途中、家主が「明日7時に出勤だから」って言ったような???

翌朝ねむた眼で家主を送り出し、その際
「また下駄で来たの?」と玄関に脱ぎ揃えた私の下駄に一瞥をくれ
(またって何さ?前は下駄じゃなく、草履だったじゃんね~)
疾風のように去って行った。。
行ってから重要なことを思い出した。。

  バ、バ、バス停ってどこだっけ?(泣)

プライドにかけて、バス停の場所なんて聞いてやらないんだからね~と
変なところで意固地なワタクシ
(ってかこの家に過去何回もきているのに、
未だバス停の場所がちゃんとわからないってどうなのよ?)
風の吹くまま、バス停にながれていってやる~ぅうう!と心に誓う。。

  7/29日の朝、、、無風。。。

いや、無風でもとにかく何とかなるもので、無事バス停を発見し
待ち合わせの新宿へGO!

ああ、いやだ。都会は人が多すぎる。。
うじゃうじゃうじゃ多すぎる。
こんな所を田舎者の私はすいすいなんて泳げない。
11時半ごろの待ち合わせにちょっと早くついた私は、
あっちへふらふら~、こっちへふらふら~とさ迷える子羊となりつつ、
バーゲン真っ最中のデパートやモールで
意図しない買い物をついついしちゃってた。。(笑)
  カ、カバンが重いです、、先生。。

もう2分遅ければ、確実に革のパッチワーク風ベルトをお買い上げしていたに違いないと言うタイミングで、静岡から友人が到着。。

一路、東京下町ツアーに出かけるので有りました。
今回イベントが始まるまでの間
私のリクエストにより、下町問屋ツアーを開催する事に相成りました。
浅草駅で東京在住の友人も合流し、
まずは、正統派おのぼりさんと化し、
浅草寺へ。

台湾(明星)大好き3人組、ここは浅草寺ではなく龍山寺のつもりで…なんていいつつ
仲見世を眺め、煙を浴び、お参りします。

浅草は以前の仕事についていた時、
展示会にあわせ年2回大田出張をしていた為、何度か来たことはあるのだけど、
いつも素通りでじっくり参ったことはなかった私。
ちゃんとお参りするのはこの長い人生(笑)で2度目かな~と感慨につかりながらも、
さぁ、、ごはんにしよ~!である。

で、下町の味って事で、お昼はもんじゃを食べる事に。
本場の下町っ子と主婦に焼くのは任せ
私は昼からビールをぐびぐびしつつ、
焼いてもらったもんじゃ、お好み焼き、焼きそばの鉄板フルコース(?)を優雅にいただく。。
いや~上手かったっす。。

そして、、炎天下の下町問屋ツアーに出発。。
今日の私の目的は、合羽橋で梅干キーホルダーと
おろし金を買うことなのであった。
食品サンプルや調理道具屋さんを冷やかしながらそぞろ歩く
河童太郎の像に
思ったより、いい身体してるんじゃな~いと感想を漏らしながら、
本日の目的は難なくクリアし
ついでにささらとトングも買い込んで
ほこほこ顔でもうそろそろ新宿へいかなくちゃね~
って所で、、「台湾烏龍茶専門店」の看板を発見。

密に群がる蟻のように、ふらふら吸い寄せられてお店に入っていく私たち。。
鍵を閉めてトイレへ行こうとしていた店主のおじさん、
さ迷える乙女を前に、鍵を再び開けて私たちを入れてから、トイレへ行っちゃった。
全く、日本は平和だよ~。。

「台湾(明星)大好きなんですよ~」なんて言葉に気をよく知れたかどうかは知れないが、
べらんめ~な口調と態度で台湾茶をご馳走になり、お話を聞く。

細君が台湾の人で、阿里山に茶畑を持っているそうで、
(私は「ばばあが…」ていうから、おばあさんだと思ってたら、あとで友人達があれは、奥さんのことだよ~って、、、笑)
大陸のお茶をぼろくそに言いながらも楽しくお話をしてくれました。
そこで、旅に来てなきゃこんな高いお茶は買わないだろうな~と思いながらも
お勧めのウーロン茶と何故かパイナップルケーキを購入し、得した気分で店を出る。

で、どこだったかの地下鉄で、東京在住の友人と別れ、
いざ会場の新宿は厚生年金会館へGo!

すでにチケット配布に並ぶ列が出来ていて
その列に並び、後ろに並んだ人も交えてあれこれお話つつ、順番を待つ。
ランダムに配布するという話しなんだけど、
やっぱり早いもん順だったらどうしよう?なんて言いつつも
もらったチケットを見ると、1階7列目の真ん中っていうまずまずの席。
安心して、ちょっとお茶いこか~と

 う~ん、このエントリはまだまだ続くのか?
 どうして私は、あっさり、ばっさり文章がかけないんだろう?
 と、、思いつつも、やっぱりだらだら続く模様。。。
 そこのあなたはあきらめて読むように (笑)

さっきのお茶屋さんでおまけにもらったパイナップルケーキをお供に、
喫茶店でお茶しつつ、台湾ドラマなんぞについてあれこれ話し、時間をつぶす。
さあ、そろそろ出動しよかと席を立ち、会場へ
平日で出足は遅かったものの、
開演間際にはちゃっと席が埋まっているのを見て
「さすが、ジェイ様だわ~」とチラッと思う。。

ワタシ的にはジェイ・チョウに対する思い入れはさほどない(おおーい)
でも、何でかしらないけど、彼の出ているCFをチェックしたり、
オンラインゲームのポスターがカッコいいわねーとか思ったりはする。

友人いわく、
「ミヌがOKなら、ジェイの眼もOKじゃない?」だそうだ。。
確かに、、眼の細さは気にならないぞ~(笑)

とにかく、私にとってはじめての生ジェイなのである。
生ビールと生ジェイ どっちが旨いかよ~く御賞味してみよ~だ。。

映画ナビゲータの司会のお姉ちゃんが登場し、
まず、ジェイ様出演の4作品の主題曲のMVを鑑賞
 ちっ、、ワタシ的には映画作品じゃなくて、
 バロン君出演の「青花瓷」を大画面で見たかったわね~。。(ありえね~よな)

で、そのあとジェイ・チョウ登場。。
光り輝いてましたよ、、、、ズボンと指輪。。。(笑)
で、ここで色々インタビューってか映画のお話したんだっけな?
その辺の事を知りたい方は、ほかでどうぞ。(おおーい)

ただ、「カンフーダンク2」の話は立ち消えのようです。
で、お約束のフォトセッションがあって、、
恥ずかしいだろ~コノヤロ~的な掛け声を言わせられ
(とか、言いつつのせられ、興奮状態で目一杯こぶしを上げ叫んでましたけど…なにか?)
最後にバスケットボールを観客席に投げ入れ、
御大は去っていきました。。
(このあとファンクラブの見面会があるんだって~)

で、その後は「カンフーダンク」の試写です。
ロードショーはどうやら吹き替えのようですが、この試写はありがたい事に字幕
ジェイの声も、、バロンの声もちゃんと聞こえるってだけでもうれしいな~。。

映画思ったより、普通に見られました。
いや、、台湾とか興行成績良くなかったし、
なんかイロモノ映画なのかな~と勝手に想像してたんだけど、
普通でした。。
ってか、、なにもカンフー取り混ぜず、
純粋なバスケドラマにしてもよかったのに~とか思ったりもしましたが、
大画面でバロン君みられたし
上半身ヌード(あれは、、合成ですか?)もあったし
良かったわね~。。

ついつい彼の登場場面に反応して
一人「かっこいい」「あら、かわいい」とか声に出しておりました。。
続編作らなくてもいいから、
彼の役 萧岚を主人公にスピンオフ作品つくってくれないかしら?
だって、愛する彼女を亡くしても、忘れられず過去にしがみついてる、
女々しい男を演じてるんだよ~(いや、女々しくないし、いい男を演じてるんだよ)
阿sa演じる莉莉に告白されても、靡かなかったんだから
この際、主人公の世杰は置いておいて
萧岚で1本つくって下され~
(そう、そしてちょい役で世杰にでて来てもらおうよ~
ね、彼もほれスケジュール取れないだろうから、これだったらOKじゃない?)

という思いを胸に秘めつつ、、
(だって、そんなこと口に出したら、この場から無事外に出れないでしょ。)
外にでたら、、、あら、、大変。。
豪雨です。。。雷のおまけもついてます。。
とりあえず、友人が新幹線に乗り遅れては大変と
近くのコンビニで傘を調達し
地下鉄の駅を目指します。。
 このときばかりは、下駄でよかったと本気で思いましたよ、私。。

濡れ鼠になって地下鉄の駅に着き
そこで東京駅に行く友人と別れ、町田に一人帰る私
途中びしょびしょで
飲み屋の椅子には座れないかも~と友人にメールをし
とりあえず、町田の駅で待ち合わせる。。

22時前に町田について、そのままやっぱり飲みに行く。

濡れていると私にTシャツの着替えを持ってきてくれたけど、
この日はワンピースだったし、濡れているのは主に下半身だったので
そのうち体温で乾くだろ~とスカートをたくしあげ、椅子には座る。。
(ちょっぴりセクシー 笑)

で、例によってぐびぐびビール
合羽橋で買った梅干キーホルダーをお土産にあげ、
えへへへっと、ごくごくビール、、
明日は休みを取ってくれたので
ゆっくり飲めると懲りずにビール
何でも良いから、とりあえずビール
ちょっぴりつまみもつまんで、永遠ビール
河岸を変え、餃子をつまんで、やっぱりビール
もうだめだっていう程ビール、ビール、ビール。。

本日私の体内のアセトアルデヒドも久しぶりの大宴会に興じているだろう。。
明日、、二日酔いにはならぬよう、ひたすら帰ったら水を飲もう!と心に近い帰路に着く
(あら、私って、いたって冷静じゃ~ん)

で、来ました東京最終日
ゆっくり心行くまで、寝て
町田近郊の観光スポットでお茶を濁そうと
かの白州次郎の屋敷であった
武相荘へ出かける。

白州次郎ってイケメンだったのね~。。
骨太な男だったのね~。
でも根本金持ちのボンボンだよな~。。
とか、感想を漏らしながら、、
ちゃんとギャラリーでやっていた彼の特番の映像まで最後まで見て、
日本国憲法は結局、このときのまま
GHQに押し付けられた憲法のまま、今も生きている…わけか…
日本の民主主義って…いったい何ざんしょ???
と、疑問も感じつつ、

武相荘を後にする。

で、駅周辺まで戻り、寿司を食べつつ、ビールをぐびぐびし
あれこれウインドショッピングをし
帰路に着く。

今から帰るよコールを母にしたら、
「遅い!早く帰るっていってなかったけ?」と
電話口でぱいの鳴き声を目一杯聞かせながら、一言おっしゃる。
「いや、、母さん私にとって21時は早い帰宅なんだけどね~」

ってな訳で、どうやらこのエントリもようやく終わりとなりました。
ちょっぴり引きずる疲労感、
ああ、私はばばあだなと感じさせる筋肉痛
(はい、歩いたというだけで筋肉痛になるやわな私です。)
そんなものをお土産に、
ビールを1滴も飲まず、のほほほほ~んと私はまた活きていくので有りました。。
[PR]
by Tani-Boo | 2008-08-03 12:31 | 独り言