私の琴線にふれたものたち


by Tani-Boo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ファンタスティック・重曹

私は、ことのほか乱雑なのには寛容なのである。
ええ、すごくひろ~い心でその様を眺めることが出来るのである。
とりあえず、足の踏み場&寝る場所&ご飯が食べられる場所があればOKで
そんじょそこらの散らかり方なら
見てみぬフリができるすぐれた目を持っているのだな。

そんな私も
時々その寛容さ(?)がふとした拍子にぶちきれて
突然、掃除魔に変身してしまう時がある。
(ま、めったにないことでは有るけど)
昨日どうやら、そのスイッチが入ったようで
突然キッチンの掃除に取り掛かった。

一人暮らしの私のキッチンはそんなにでかくない。
スペースにして4畳くらいだろうか?
流し台とガス代、ハンドメイド食器棚があるぐらいなのだが
しか~し、物であふれかえっている。

一人なのに…やかんが4つもあったり
ありとあらゆる大きさと深さ、重なることを拒否した形の器のオンパレードだったり
こんなにありましたっけ?というようなタッパがごろごろ
釜飯用のカマを筆頭にした使ったことのない物品の数々…
ええ~い、この際だ(ってどの際?)ちょっと整理してやれ~と
気合一発掃除に取り掛かる。。

う~ん、引き出しを引っ張り出して整理するのは
1年ぶりかも?といいながら
せっせせっせと整理。
結構手垢とか取っ手についてたりするんだよな~といいながら、
前日本屋で重曹を使ってのお掃除本を
なにげに立ち読みしたのを思い出し、
やってみよう!と重曹水を作って試してみたら、
いや、これあたり!
大活躍!です。

流し台もガステーブルも、ガラス器もこれがあれば簡単にピカピカだわよ。
そこの奥さん(って誰の事?)
年末の大掃除に重曹使ってみてくださいな。

でも、台所の半分の掃除をするだけで
あっさり心が折れました。。
だって、捨てるのに困るものが有りすぎで…
とりあえず、残りの半分はやっぱり秘儀見ぬふりを続け、
来週にでもリトライしようっと。
[PR]
by Tani-Boo | 2008-11-30 09:42 | 独り言