私の琴線にふれたものたち


by Tani-Boo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:雑記 ( 106 ) タグの人気記事

ええっ、そうだったの?

わたしゃ~、すごく長く生きてきたけど、今まで知らなかったよ~の金曜日。
おお、もしかして明日、あさっては珍しく連休だよ~。。。
思いっきり、

  ぐうたら過ごすぞ~!OH!
  
  (ココ最近、文字サイズを変更するのがマイブームとなっております。笑)

ああ、肝心なことを
そうそう、そうだったの?知らなかったのよ~ってやつです。
つい最近、ススキと荻の見分け方を理解した私。
誰かにしゃべりたくてうずうずしておりました。
  えっへん!
  注)風邪じゃないからね~。

本日旧友と飲む機会がありまして
言いまつかいをテーマにしてたのに、だんだんああ勘違いがテーマに変貌
しめたとばかりに早速、
友人にも「あ~た、この年になって私は
ススキと荻がそっくりさんだと知ったわさ〜。
ススキと荻の違い知ってるかい?
あ~たがススキだと思って月見に飾っていたのは、
きっと採ってきたところから推測するとそれは、
荻だったっかもよ〜うふふふふっ
知らないって怖いわよね〜
で、ススキと荻の違いわね…」と薀蓄をたれていた。。


そして,その友人
一本110円のハツの焼き鳥に果敢に挑みながら
「私もね〜,長い事生きてきたけど、ついこの間
慶應義塾幼稚舎 って幼稚園じゃなくて小学校だってことを知ったわ〜
でへへへへ〜。ほんと知らないって怖いわよね〜」


 えっ?

 ええっ~??
  そうなの~???

   そうだったの〜!!


私はその事実、今知りました。。。

 はい,その時私は
   一本120円のつくねを食べとりまして、
 次残っていた牛ハラミ串230円を頂いちゃおうかな〜と目論んでおりましたが
 授業料だと彼女の方におごそかに皿を差し出したのでした。。
 (でもさ〜何でもいいけど、一本ずつ串を取るのやめようよ〜。。
   ね、Mちゃん)
[PR]
by Tani-Boo | 2008-09-19 22:10 | 独り言

な・な・雪崩だ~。。。

逃げろ~。。。

とうとう、職場のデスクの書類の山が崩れ落ちた。。
山の救助にはお金がかかるから、
このまま、遭難してても良かったんだけど、、(笑)
ってなわけもいかんだろなぁ~と無理やり自分を納得させて
決死の覚悟で救助隊出動…って具合に整理を始めた。。。

 とりあえず、、棚からあふれかえっている資料を整理しよう。。

そのうちペーパーレスな世界になると
ずっと前にどこかで誰かが言ってた様な気がするが、、
違う世界の話だったのかもしれない。。

古い資料はばっさ、ばっさ捨ててしまえ!
古い福祉用具のカタログや法令集、福祉六法(高かったけど 涙)も捨てるんだ!
猫の雑誌と中国語学習の本と
2007年5月号のJstar傑報(紹偉特集号)だけはちゃんと残して(笑)
他施設のカタログ…う~ん、、ちがう棚に押し込んじゃえ!

おおっ、、随分とすっきりしてきた。。
(って言っても、未処理書類の山はそのままだけど…見ないフリ)

なんか、、仕事ができるオンナの机になってきたぞ!
(午前中、片づけして仕事してないけど…あら、私って正直者)

う~ん、、、
 エベレスト…いや、、チョロマンマ…ん、なんか違う、、チョモランマ、、、だっけ?
もう、なんでもいい、、
そこを征服した気分はこんなものかも~ってなことで、、午後の仕事だ~!

あ、あと10分休憩残ってる。。
危ない、危ない、もったいないことするとこだったよ~。(おいおい)


   注)こんなこと書いてるからってみなさんは、
      いつも私がサボっていると思わないように。。(笑)



*大きく追伸**

私が、ここの更新をしてない日は
 仕事に埋没していると思ってください。
  いや、、思い込んで下さい。。(笑)

[PR]
by Tani-Boo | 2008-09-19 13:52 | 独り言

素朴な疑問

毎年どうなのかな?と考える本日は敬老の日の月曜日。
前のエントリにも書いたが、仕事だコのやろ〜だったよぅ。

日頃は本当に親に何も出来なくて、
とりあえず、誕生日と結婚記念日と母の日、父の日
盆、正月には感謝の気持ちを
手っ取り早くとりあえず品物で贈っている私です。

ちなみに私の感謝は
お酒とリポビタンDで気軽に表現が出来るので助かります。(笑)

で、ここ数年とみに昨年から
『敬老の日』はどうしたら良いだろう?ってことを考える。

実質両親は、20数年前からおじいちゃん、おばあちゃんだった訳で、
もうすぐ初ひ孫まで誕生する正真正銘"日本の正しいご老人”であります。
この人達に
娘として、華々しく『敬老の日』を祝ってやっていいものか?

“ぱい”が我が家に来てから、
両親の呼び名は”ぱい”の前では
"じいちゃん”と“ばあちゃん”なのである。
(わかってます、、一家で猫バカです。。)

今日も仕事から帰る私を
ばあちゃんが"ぱい”をリードにつけ
玄関の外であやしながら(?)待っててくれてました。
(うちのばあちゃんは本当に過保護なんですよ)

父も私の陣地を通る度に日に何度も窓をあけて立ち止まり
そこから「おーい、ぱい」と声をかけて行きます。
(実は父は”ぱい”が怖いんだけどね)

こんなに"ぱい”を可愛がってもらっている親としては
やっぱり敬老の日に何かしてあげなきゃいけなかったのかな〜???

毎日「ありがとね〜」とは言ってはいるんですけどね〜。。

でも『敬老の日』なんかにお祝いされるのって…
嫌じゃないのかな〜なんて思うんですけど
(厳密に言えば、お祝いは不適切ですけど)

孫達が気を利かせて電話一本掛けてよこせば、それが一番なんだろうけど
姉の仕込みが悪かったんだろうな〜
その辺の気の使いようがイマイチの我が甥、姪達。

その代わりに“ぱい"が「イツモアリガトネ〜チュッ××」と
してあげようとしたが、丁寧に辞退された。

自分の親に敬老の日に何か特別な事ってします?
旦那の両親だったら、孫が生まれれば、な〜ンにも考えずに
何か品物渡しとけ〜(笑)とさっさと年寄り扱いしちゃうけど
(って、、旦那いませんけどね、私。)
自分の両親はやっぱりあくまで、親だよな〜。。
[PR]
by Tani-Boo | 2008-09-15 20:24 | 独り言

先生、やりました!

とうとう辿り着きました。
どこへ?って
そりゃあなた、日記が死ぬほど面白いと評判の大矢博子さんの隠れ日記です。

敬愛する森先生が、紹介されてから気になり、
暗号を解かなきゃと思ってから、、すでに数年(って経ちすぎじゃん)
ああ、生きてて良かった。。
(あ、でも日記読んだら死んじゃう…ほどなわけだから、私の寿命もあとわずかかも。。笑)

今までもその書評をいろいろ参考に本を読ませていただきました。
ひところの様には本をバカスカ読んでいない今の私ですが、
読書の秋ですし、図書館通いをまた再開しますか~。。
(いや、もう自分で本を買う甲斐性は無いのだ。。)

あ、ところで私の図書館の貸し出しカードってまだ使えるのかな~???
[PR]
by Tani-Boo | 2008-09-15 14:16 | 独り言
暑いには暑いが、空は高いぞ、やっぱり秋か?の月曜日。
当たり前に仕事。

バカらしいといいつつ、ちょっとこれ欲しいかも?
って商品が有りまして…
それがなにかと申しますと
これ↓その名も「イケメンバンク」 4935円

a0005279_1222337.jpg


500円玉専用貯金箱で
なんでもお金を入れるたびにチョイスしたイケメンが声をかけてくれるらしい
貯金する金額が増えるほど、あま~い言葉がエスカレート
逆に、貯金しないでいると置手紙を置いていなくなるらしい(笑)
う~ん、ベタすぎるがいちじるしくニヤニヤするじゃぁ~あ~りませんか?(笑)

9/6日バンダイから発売したんだが
もう少し早ければ誕生日プレゼントにおねだりしたのに~
(おねだりしても買ってくれるとは思えないけど)

でも、実際こんなのプレゼントでもらったら
開けたとたん
  「現金でくれればいいのに」とぼやいてしまいそうだな。(笑)

だって、ターゲットをどこに設定してるかわかんないけど
このデザインとか材質とか、、ちょっと、、、だよ。。
コンセプトは良いのに(良いのか?)残念。。。
[PR]
by Tani-Boo | 2008-09-08 13:35 | 独り言
ずっーと外界から遮断されたところに居た。
 いや、自分が外界を遮断していた。

自分の内に広がる負の思いを
重たいと感じながら、それを手放す覚悟も無かった。

どこかで「ずっとこのままなんだ」と悲劇のヒロイン気取りで一点をにらみ
痛みで自然に縮こまる左腕を右手でぎゅっとして、唇を噛む。

自分にしかぶつけられない怒りとわかりながら
絶対文句を言わないだろう相手に理不尽にぶつけた。
「こんな時には許される。」…身勝手な言い分。

「私は悪くない。」と思うたびに、嘘つきな自分を哀れむ自分がいる。
『因果応報…』なんの因果でこうなる?
「私が何をした?」いや「…しなかった…からか?」

この現実から目をそらそう
全てのものから距離を置こう
分厚いシールドを張り、鈍重に…鈍感になれば、
痛みも不安も怒りも何も感じなくなる。

そんな風に自分の心をシャットダウンして過ごした。



そんなある時、FMから流れてきた
Elliott Yamin『Wait For You』
聴いていて、気付いたら、訳もわからず泣いていた。。。



ただただ
彼のその包み込むような歌声に
とめどなく涙を流していた。

自分でもびっくり
多分その時、私の中で何かのたがが外れたのだろう。

彼がアメリカン・アイドルから出てきて日本デビューした時、
確かに良いアーティストだな~と思ったけれど
病気やハンディキャップをウリにするような売り方が正直ちょっとイヤだった。
何もそんな風に売らなくてもと思った。。

でも今
その事実に「だからかな?」とうなづく自分が居る。

今思えば、さっさと白旗揚げて
開き直ってしまえば良かったんだ
いつだって、過ぎてから単純な事に気付く
全く、いつになっても成長しない。。

あがいている様で、闘っているようで、
実は、いつもその事実から逃げる算段を考えて、あれこれ策をめぐらせている。
ちゃんと正面から見据えて、認めてしまえばいいのに、
あっさり認めて、対策を練ればいいのに
事実から目を背けて、問題の本質を見ないままあがく悪い癖だ。

この夏また一つ年をとったのに…成長しない…ね。

でも、ありがたい事にまだ成長する余地は残されているってことで…
良しとしよう。

夏も終わりに近づいて、
 またイイ男たちが、イイ男に見えてきだした。(笑)

Wait for you

誰かがどこかで、こんな私を待っているかもしれない
そして、
誰かを私は待ち続けているかもしれない。
[PR]
by Tani-Boo | 2008-08-26 11:01 | Music in My Heart

ラプソディ in Tokyo Life

(ああ、ラプソディのスペルがでてこない…
 脳細胞が死んでいっている証拠ですね。)

どうも私の中の時間軸に狂いが生じているようで、
身体に感じる時間の流れは非常に遅いのに、
身体の外では時間は通常に流れていて(ってかそれは当然なんですけどね。)
どうもそのゆがみの為、私は宇宙酔い(?)を起こしているようです。

ついこの間だったような気がする(いや、やっぱりついこの間だった)
東京遠征も日常を過ごすうちに、はや1週間前の出来事になりそうな、、、

そういえば、先週の今頃は
東京へ行ったら、日々ビールだろうから、今のうちに身体をアルコールに慣らしておかないと…
と、日頃の勤勉さの現われか(?)アルコールに対する免疫強化にいそしんでいたのでした。

いや~7/28~7/30までの2泊3日の東京遠征
本当にビール飲ませていただきました。。
真昼間から飲むビールはやっぱりサイコーでありました。

あ、、もしかして私は宇宙酔いじゃなくて、
単なる長~い二日酔い状態なのかもしれないな~。。。(笑)

今回の東京遠征のメインイベントは
7/29日の「ジェイ・チョウ Night」
友人の当てたペア招待券、その相棒で参加するという棚ぼた、、いえ、、コバンザメ商法

イベントの閉演時間が遅いし、せっかく東京行くなら、旧友にもあってこようと
最初は1泊2日で予定して東京の友人に知らせたところ
これじゃ~ゆっくり飲む時間がないじゃないかとだめ出しが入り、
結局、前日夜から乗り込む事に
ま、宿泊にはお金がかからないから良いか~ってなことで
いそいそ乗り込みました花の都、東京。。。

ああ、なんかまたこのエントリ長くなりそうなんですけど…
とりあえず、続き読んでみようなんて酔狂な方は…
(あ、イベントのレポはないです。はい。)
  ↓

ここをぽちっとしてみてちょ
[PR]
by Tani-Boo | 2008-08-03 12:31 | 独り言
なんだか静かに…静かに…
ええ、心は平板といっていいほどに
穏やかに…

時間と競争しつつも、時間をもてあまし、
あせりつつも、だらだらと…
泣きもしなきゃ、大笑いする事もなく
なすがまま…ってか、のんべんだらりと
インプットもしなけりゃ、アウトプットもしない
いつだってある種の疲労感を抱えつつ毎日を過ごしております。

多分私という個体が、無駄なエネルギーを消費しないようにしているのでしょう。
そう、つまり省エネ仕様となっているわけですね。
たいしたメカニズムです。
[PR]
by Tani-Boo | 2008-08-03 09:18 | 独り言

Vitamin Song

ここ何日かの
私のビタミンソングは
Jason Mraz だった
(ついでにもう一人Newton Faulknerにも大変お世話になりました。)

ええ、目一杯彼に私は救われていました。。

なんだろう?
全然シリアスな歌詞でも曲調でもないんだけど
(どっちかと言うと能天気な詩>ああごめんなさい)
でも、最高に癒される!!

聴いてるとなんで,この曲で涙が出るんだ?
と、自分でびっくりしちゃうけど
彼の声と音に本当に癒され、元気にってか
普通にもうちょっとやってみようかな〜って良い意味力を入れすぎずに
任務を遂行しようかな〜と思わせてくれました。

うん、普通なんです。。
自然で良いんだ〜って
声と音がいい感じで自然(?)なんですよ。。なんてか、すごくマッチしている
この声にはこの音なんだって…

「頑張ろう」って気張るんじゃなくて
「自然体で自分のなりのベストを尽くそう」って肩の力を抜かしてくれたんですね。

私は私以外になれないし、なりたくもない。
ワタシハ私でいたいんだって
それで良いんだ〜って
そう思わせてくれるアーティストです、彼。。

機会があればぜひ聴いてみて下さいませ。
楽しく、そして、どこか切ない 彼の音楽をご賞味下さいませ。
[PR]
by Tani-Boo | 2008-07-27 22:42 | Music in My Heart

タイセツナアナタニ…

ワタシハ ジッサイ ナニモチカラニハ ナレナイダロウ

イヤ

アナタハ キット ワタシノ チカラナンテ ヒツヨウガナイダロウ

ダカラ コレハ タブン ワタシノ ジコマンゾク

ワタシノ イマノチカラノ アリッタケデ

アナタヲ オモイキリ ギュゥツ ト ココロノナカデ ダキシメマス

アナタガ シゼンニゲンキニ ナレマスヨウニ

…ムリヤリデナク…

アナタガ マタ ワラエルヨウニ

ワタシハ アナタガ ダイスキデス




 
[PR]
by Tani-Boo | 2008-07-27 21:59 | 独り言